キッチンとリビングをリフォームしました。

キッチンとリビングをリフォームしました。

キッチンとリビングをリフォームしました。

定年を5年ぐらいになったときです。私の家はもう築30年近くなっていました。その時です。キッチンの床がぶかぶしてきました。歩いてみても素人でも分かります。そこでどこかの大工さんに相談しようとしました。前に家を建てた工務店は引っ越しして行方が分かりません。仕方がないので、いつも通っていた喫茶店のオーナーです。

 

ここのオーナーは大工さんもやっているのです。いわゆる一人棟梁ですね。喫茶店との付き合いは10年以上あります。まとまった仕事があるときは仲間と仕事をしていました。喫茶店の中もこの棟梁が一人でまとめたとか。結構凝った作りをしていました。まあこのくらいなら満足できるのではと思いました。

 

普段は建売なんかをやっていました。後は前に仕事を下家からのちょっと下直氏なんかをやっていました。またこの棟梁は私が勤めていた会社の支店の中の仕事をしていたとか。ここの建築会社は相当大きいです。ここで仕事をしていたのなら腕は相当あると思いました。

 

そこで私の家を見てもらいました。するとやはり床はもぷ腐っているとか。そこで後は治すとがあるかと聞くと、カミさんがシステムキッチンを入れてくれと。私はキッチンとリビングが2部屋になっていて、キッチンがいつもうす暗いのが気になっていました。そこでこの2部屋を1つにしても耐震は大丈夫かと聞きました。

 

すると棟梁は大丈夫だと。床は前は合板を使ってあったと。今度は無垢にしてあげると。値段はもう何十年の付き合いだから最大限勉強しますよと。ただシステムキッチンはメーカーによって値段が大分違うと。一度ショールームに行ってみて来いと。そこでカミさんと一緒に見に行きました。

 

カミさんとの付き合いも何十年になりますから、それに対するお礼ですね。カミさんの気にいったものにきめました。寸法は事前に測っていきました。我が家にちょうど入る大きさのもののパンフレットをもらってきました。トウトウのシステムキッチンです。そこそこの値段でした。棟梁にはその旨をつげ、2部屋を天井まで突き抜けて一部屋にしました。

 

壁紙も貼り変えました。これで大分明るくなりました。棟梁が柱を空色に塗りました。私は何という色だと思いました。すごく派手に見えたのです。すると棟梁は数年たつとなじんでいい色になるとか。床もキッチンもリビングも張り変えました。孫が飛び跳ねてもびくともしないとか。天井も張り変えてくれました。費用は約800万円弱でした。

 

これは高いのか同課はよくわかりません。ただ見た目はモダンになったと思いました。もちろんリフォームローンです。定年の退職金を当てにしての借り入れでした。まあいい仕事してもらったと思っています。